【みんなの銀行】デメリットが多いは本当?評判を調べた結果【メリットも多い】

【みんなの銀行】デメリットが多いは本当?評判を調べた結果【メリットも多い】

みんなの銀行の評判は?
口座開設で1,000円もらえるらしいけど怪しくない?
みんなの銀行にデメリットはないの?
みんなの銀行のメリット(特徴)は?

このような疑問に当記事で答えます。

楽天銀行をはじめとするネット銀行は工夫次第で快適に、お得に使えます。

そんなネット銀行のうち、ごく新しい「みんなの銀行」をご紹介します。

キャッシュカードなし、通帳なし、書類なし印鑑不要という、独自サービスの新しいデジタル銀行です。

【みんなの銀行】デメリットが多いは本当?

ただ、世間でのみんなの銀行の評判を調べようとしても、現在のところほとんど出てきません。

そこで筆者も実際にみんなの銀行の口座を開設し利用してみました。独自の観点からメリット・デメリットを当記事で解説します。

この記事で紹介する内容

  • みんなの銀行の特徴
  • みんなの銀行のデメリット(評判を調べた)
  • みんなの銀行はメリットも多い(特徴)
  • みんなの銀行の口座開設で1,000円もらえる(コードが必要)
  • みんなの銀行は怪しくない

みんなの銀行とは?

みんなの銀行とは?

「みんなの銀行」は、2021年5月からサービス開始した新しいネット銀行で、「デジタル銀行」を標榜しています。

福岡、熊本、長崎各県の地方銀行を傘下に収める「ふくおかフィナンシャルグループ」系のネット銀行です。

ネット銀行のため全国どこでも快適に利用できます。逆に、九州在住だからといって特別なサービスがあるわけではありません。

みんなの銀行のサービスは、次の通り5本の柱でできています。

みんなの銀行のサービスは、次の通り5本の柱

・Walllet・・・普通預金

・BOX・・・目的に合わせお金を分散(最大20か所)

・Debit Card・・・バーチャルデビットカード。
 実店舗(Apple PayまたはGoogle Pay)でもWeb店舗でも快適決済。

・Record・・・お金を使った記録

・Cover・・・残高が足りなくなっても5万円まで無利息立替

それぞれのサービスの特色は、メリットとして次にご紹介します。

他のネット銀行と明確に違う点は、「銀行のみで完結」することを目指している点です。

クレジットカードやカードローン等の金融サービスとの組み合わせにより、さらに快適を目指すのが普通ですが、みんなの銀行の場合はそうした関連サービスは用意されていません。

みんなの銀行:会社概要

商号株式会社みんなの銀行
設立年月2019年8月15日
所在地福岡市中央区西中洲6番27号
代表電話番号092-791-9231
資本金165億円(資本剰余金含む)
株主株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(100%子会社)

みんなの銀行口座開設で1,000円もらえる

みんなの銀行口座開設で1,000円もらえる

口座開設の際には、紹介コードを入力すると1,000円が翌日にもらえます

▼コードを持っていない方はこちらのコードをお使い下さい。

紹介コード→ BHjLbAJA

筆者も開設しましたが、15分程度で完了し、とても簡単でした。

口座開設の詳しい流れは「みんなの銀行口座開設で1,000円!【方法を画像で解説】」にて分かりやすく解説しています。

▼口座開設は下記からどうぞ(アプリをインストールしてスタート)

みんなの銀行

みんなの銀行

無料posted withアプリーチ

みんなの銀行の特徴・メリット

みんなの銀行の特徴・メリット

後発組だけに、みんなの銀行のサービスはなかなか斬新です。

メリット(特徴)をまとめると下記の通り。

  • 郵送物一切なしで口座が開設できる
  • デビッドカードでキャッシュレス決済を始めよう
  • キャッシュカードなし|セブン銀行で入出金
  • プレミアムサービスでもっと快適に

その各メリットを詳しく見ていきます。

【みんなの銀行】郵送物一切なしで口座が開設できる

ネット銀行といっても、従来は郵送による書類等のやり取りが必ずありました。

これをゼロにしたのが、みんなの銀行の特筆すべき点です。

最近の金融サービスの申込みでは、申込者から銀行への郵送物をなくすことは実現しています。証明書の写真を撮って送信するわけです。

みんなの銀行の場合は、アプリで証明書と顔の動画を撮影しますが、この点大きくは変わりません。

いっぽう、銀行から申込者へのキャッシュカード等の郵送だけはなくなっていません。

この郵送すらなくしてしまったのが、みんなの銀行なのです。次に説明する通り、みんなの銀行ではキャッシュカードを使いません。

わざわざ店舗へ足を運ぶ必要も無く、24時間いつでも口座を開設できます。

申し込んでから時間を置かず、パスワードを設定してすぐに銀行のサービスが使えます。

みんなの銀行は郵送物一切なしで口座が開設できる

【みんなの銀行】デビッドカードでキャッシュレス決済を始めよう

みんなの銀行では口座開設と同時にデビットカードを発行することができます(無料)

デビットカードとは??

カードでの支払いと同時にご自身の銀行口座から引き落としがされる仕組みのカードです。 銀行口座から現金を引き出さずに支払いができる利便性や、銀行口座の残高以上にお金を使いすぎる心配がない安心感などから人気が出てきています。

カードと言っても、みんなの銀行ではスマホで使えるのでカードレス。初期費用も無料、年会費も無料です。

スマホ決済・キャッシュレス決済が簡単に始められる!

このデビットカードを使えば簡単にスマホ決済(キャッシュレス決済)を使うことができます。今まで何となく敬遠していた人もチャレンジしてみましょう!本当に便利ですよ。

お買い物をした代金はみんなの銀行の普通預金から即引き落としされます。クレジットカードのように使いすぎる心配もないので安心です。また、利用額の上限を設定することも可能です。

万が一、会計時に残高が不足しても最大5万円まで立て替え払いをしてくれる「カバー」というサービスもあります。(プレミアム会員特典)詳しくは後述しています。

Apple PayやGoogle Pay™に登録しておけば、スマートフォンをお店の端末にかざすだけで、簡単にタッチ決済。

設定の仕方も公式サイトにて動画の説明があるので、見ながら設定すればOK!

 >【みんなの銀行公式】デビットカードについて

※注意

みんなの銀行のデビットカードで決済できるお店は、「QUICPay」加盟店のみとなります。

大手コンビニチェーンやドラッグストアは、ほぼ対応しています。自分の行きつけのお店などが「QUICPay」対応なのかチェックしておきましょう。

キャッシュカードなし|セブン銀行で入出金可能

みんなの銀行にはキャッシュカードがありません。

スマートフォンのアプリ(口座開設に使ったものと同じ)を使い、セブン銀行ATMで入出金します。

セブン銀行はすでに多くの金融機関と連携し、カードを使わない入出金を実施しています。

ただしカードがまったく存在せず、「スマートフォンでしか入出金できない」という銀行はまだ珍しいものです。

ネット銀行は、時間を気にせず頻繁に振込みや支払いをする人にとって便利な存在です。その点、現金の入出金は補助的に使えばいいわけで、カードがないのは合理的だといえるのはないでしょうか。だいたい、紛失盗難の心配がありません。

セブン銀行ATMでの入出金

みんなの銀行の場合、セブン銀行ATM「しか」使えないわけですが、全国にセブン-イレブンはあるので、それほど困らないはずです。

アプリでATMに表示されるQRコードを読み込み、表示される番号をATMに入力すれば、ATMを操作できます。

セブン銀行ATM利用時の手数料は発生しますが、後述のプレミアムサービスに加入すれば無料です。

また、デビットカードの活用(買い物する)によって手数料を発生させないこともできます。

さらにみんなの銀行を快適に「月額600円プレミアムサービス」

みんなの銀行を使いこなすためにぜひ加入したいのが、プレミアムサービスです。

月額600円の価値は十分にあるでしょう。しかも、申し込んでから1年間は無料で使えます。

プレミアムサービスに加入すると、次の特典があります。

プレミアムサービスの特典
  • 他行への振込手数料月10回無料(通常200円)
  • ATM出金手数料が月15回無料(通常110円)
  • デビットカード利用時に、1.0%がポイント還元(通常0.2%)
  • 口座残高不足時に5万円まで立て替えて引落し(「カバー」という)
  • 提携中の金融機関データを随時更新可能

デビットカードの還元率1.0%は貴重

月額600円のプレミアムサービスに加入すると、デビットカード利用でポイント還元率が1.0%となります。

1.0%という還元は、クレジットカードだとしても高い数字です。デビットカードでは例がありません。

みんなの銀行のデビットカードを月75,000円使う人なら、還元でプレミアムサービスの月額600円がペイできる計算です。

残高がなくなっても引落しを立て替えてくれる「カバー」

「カバー」という立替サービスも珍しいものです。

銀行の残高不足による引落し不能を防げるので、信用を守れます。

スマホ決済時に残高不足でも、慌てることなく安心です。

しかも無利息です。

もちろん、立て替えてもらったあとは速やかに返しましょう。入金するだけで自動返済されます

このようなサービスは、30年前に富士銀行(現在のみずほ銀行)で実施していましたが、その後はほぼカードローンがこの機能を担っています。

みんなの銀行のデメリット

みんなの銀行のデメリット

最新の銀行らしい、みんなの銀行のメリットを先に見ました。

ですがネット銀行全体にデメリットがあるのと同様、みんなの銀行にもデメリットはあります。

人によっては気に入らないであろう点を確認します。

みんなの銀行はスマートフォンでしか取引できない

スマートフォンでなんでもできる時代になりましたが、多くの人が仕事に使うのはパソコンです。

みんなの銀行の取引の場合、スマートフォンでしか取引できません。

取引状況を紙にプリントアウトせざるを得ない、半アナログ的状況もまだまだある中では、少々すっきりしすぎた設計かもしれません。

みんなの銀行のPC公式サイトを見ると、洒落ている(ムダに凝っていて、動作が重い?)だけで、できることがほとんどないので驚くかもしれません。

みんなの銀行は実物のカードがない

これは上記のデメリットにかぶりますが、みんなの銀行で口座を開設しても、実物のキャッシュカードは発行されません。

口座開設と同時にデビットカードも発行されますがこれもバーチャル。

カードが無いのは持ち運ぶ手間もなく、紛失の心配もないのでメリットもありますが、、

スマホが故障したり、充電切れの場合は何もできません。これはデメリットとも言えます。

日常的に使っていく場合は、スマホの故障や充電切れに備えておく必要があります。

みんなの銀行のデビットカードはJCB(意外と使えない)

みんなの銀行では、口座開設によってバーチャルデビットカードが発行されます。

カード現物は発行されないので、クレジットカード加盟店では利用できませんが、

Apple PayかGoogle Payにセットすれば実店舗で買い物ができます。

ですが決済できるお店は、「QUICPay」加盟店だけです。他の電子マネーに比べると、QUICPayの加盟店はやや少なめです。

コンビニ、ドラッグストアはおおむねOKですが、スーパーだと使えないお店が圧倒的に多いです。

キャッシュレスアイテムを広げるためには、デビットカードをQRコード決済にセットするといいでしょう。

ただ、みんなの銀行デビットカードの国際ブランドはJCBです。JCBは、もっともよく使われているQRコード決済「PayPay」との組み合わせができません。

最近人気の高いau PAYにもチャージできません。

みんなの銀行デビットカードだけでは、意外と使えないお店が多いのが現状です。

みんなの銀行の金利は?(他行と比較)

みんなの銀行の金利は?(他行と比較)

預金で気になるのが金利ですが、みんなの銀行の金利は・・・

  • 普通預金・・・0.001%
  • 貯蓄預金・・・0.001%

となっており、他のネット銀行とほんとんど変わりません(※当記事作成時点)

みんなの銀行と他のネット銀行の金利比較表

 普通預金金利(変動金利)定期預金金利
みんなの銀行0.001%0.001%
東京スター銀行0.001%〜0.1%0.015〜0.25%
楽天銀行0.02%〜0.10%0.02%
イオン銀行0.001%〜0.10%0.02%
ソニー銀行0.001% 0.01〜0.15%
オリックス銀行0.01%0.1〜0.3%
SBJ銀行0.02%0.03〜0.2%
ローソン銀行0.001〜0.15%0.03%
セブン銀行0.001%0.015〜0.02%
あおぞら銀行 BANK年0.2%年0.15〜0.2%
GMOあおぞらネット銀行0.001%0.02〜0.03%
大和ネクスト銀行0.005%0.05%
ジャパンネット銀行0.001%0.02〜0.03%
auじぶん銀行0.001%0.03〜0.05%
住信SBIネット銀行0.001%0.02%

上記からも、みんなの銀行は多額の預金を運用するのではなく、動きの多い生活費(買い物)をスマホ一台で身軽に管理することに特化した銀行と言えます。

みんなの銀行〜まとめ〜

みんなの銀行〜まとめ〜

新しいネット銀行、みんなの銀行のサービスを見てきました。

▼みんなの銀行メリット・デメリットまとめ

みんなの銀行「メリット」
○新規口座開設で1,000円もらえる
○郵送物一切なし、スマホのみで口座が開設できる
○セブン銀行ATMでの入出金
○デビットカードの還元率1.0%は貴重(条件有)
○残高が無くても無利子で立て替えてくれる(条件有)

みんなの銀行「デメリット」
○スマートフォンでしか取引できない
○カードがない(スマホ故障で困る)
○デビットカードはJCB(意外と使えない)

スマートフォンでなんでもやる人のライフスタイルには向いた銀行だと言えるでしょう。

口座開設でデビットカードが発行されるのも魅力です。これからスマホ決済を始めてみようと思う方には最適です。

筆者も実際に利用していますが、アプリの画面もシンプルで使いやすく操作しやすいです。

ただ、個人的には月額600円のプレミアムサービスなしでは、使い勝手はいいとは言えないと感じました。

この月額が惜しくない(あるいはデビットカード利用で取り返せる)人におすすめです。

スマホだけで成り立つデジタル銀行、今後どのように伸びていくのか注目です。

口座開設だけならデメリットは特になし

とりあえず口座開設で1,000円もらうだけ、というのも全然ありです。会員集めの「ばらまき」キャンペーンですが、もらえるものはもらっておきましょう。書類等不要の上、年会費なども掛かりませんしデメリットは無しです。

\口座開設で1,000円もらおう(デメリットなし)/

 >>みんなの銀行は口座開設で最大30万円!?方法を画像付きで解説