【口コミ】インビクタスワンのデメリット解説! 吸引力は?購入前に知っておきたいポイント【コードレス掃除機】

【口コミ】インビクタスワンのデメリット解説! 吸引力は?購入前に知っておきたいポイント【コードレス掃除機】

ページに広告が含まれる場合があります。

「インビクタス ワン」は現代のコードレス掃除機として注目を浴びる製品で、そのパワフルな吸引力や軽量なボディなど、数々の特徴が挙げられます。

しかし、製品の選択には慎重さが必要で、購入を検討する際にはデメリットにも注意を払うべきです。

今回は「インビクタス ワン」のデメリットに焦点を当て、それらについて詳しく解説していきます。

インビクタスワンのデメリットとは

インビクタスワンにはデメリットはあるのでしょうか?

この記事では実際に使っている方の口コミや感想を元に、インビクタスワンのデメリットについてまとめます。

バッテリー持続時間のデメリット

インビクタス ワンのバッテリーは、約30分から50分の範囲で持続します。

これは通常の清掃作業には十分であり、一般的なユーザーにとっては十分な時間です。

しかし、広い面積を清掃したり、頻繁に使用する場合には、充電が必要となります。

特に長時間連続使用が必要な場合は、予備のバッテリーを用意しておくことで安心感が増します。

バッテリーの持続時間は、使用状況にも大きく左右されます。吸引力を最大限に活かすためには、

充電が必要な瞬間を見極め、計画的に行うことが重要です。

これにより、効率的な清掃が可能となります。

買って良かった
「軽ーい何よりも軽い。場所を取らない充電器でリビングのそばに置いてゴミがきになるとすぐにつかえる。付属キットがたくさんついていて狭い隙間や天井の隅も届いて本当に綺麗になります。ゴミ捨て簡単なのでこまめに捨てられる。形、重さ最高、吸引力、最高です。2年ほどコードレス掃除機を探していたけどこんな素敵な商品は無いと思います。」
引用元:ショップジャパン/インビクタス ワン 口コミ・評判

重さや取り回しに関するデメリット

インビクタス ワンは軽量かつコンパクトで、一般的な使い勝手は非常に良好です。

しかし、長時間の使用時には本体が少し重く感じられることがあります。

この重さは個人の感じ方に依存しますが、長時間使用する予定がある場合は、実際に手に取って試してみることが重要です。

また、機械のサイズが狭いスペースへのアクセスを制限することがあります。

これは特に家具の下や隅など、細かい場所の清掃を重視する方にとって考慮すべきポイントです。

重さや取り回しの感じ方は、使用者によって異なるため、実際の店舗でデモを受けたり、他のユーザーレビューを参考にすることが役立ちます。

自分の掃除スタイルや好みに合った掃除機を見つけるためには、これらの要素を細かく確認することが鍵となります。

軽量でさっと
「軽量で掃除するのが苦でなくなった。吸引力も充分にある 細い奥にも手が届くし手軽に隅々まで掃除できる 満点をつけたいが肝心の部分が外れやすいのとオンオフスイッチが手の当たるところにあるのですぐついたり消えたりしてしまうところが難点とくにゴミの入る部分が外れるのはこまるし力が入る部分にもなっていると思うので耐久性にも不安があるので改善を求めたい」
引用元:ショップジャパン/インビクタス ワン 口コミ・評判

メンテナンスのデメリット

インビクタス ワンはメンテナンスが簡単ですが、フィルターの清掃や交換が必要です。

フィルターの清掃は2週間に1度が推奨されていますが、使用状況によっては頻繁な清掃が必要なこともあります。

定期的なメンテナンスを怠ると吸引力が低下する可能性があるため、こまめな点検と清掃が求められます。

メンテナンスは簡単ではありますが、忙しい生活の中でこれを怠りがちになることもあります。

定期的にスケジュールを組んでメンテナンスを行うか、掃除機の通知機能を利用して定期的な点検を行うことで、性能の低下を未然に防ぐことができます。

ダスト部分がすぐ外れる
「吸引力もあり軽くとても気に入ったのですが、最大の難点はフロア用アタッチメントをつけて掃除すると、掃除機かけている最中何十回もダスト部分が外れます…あまりにストレスなので養生テープで止めて掃除して毎回テープ取ってゴミを捨ててます…あとワンタッチではゴミは出ません。外してステンレス部分のゴミを捨てます。毎回必ず捨てているので溜まりすぎが問題ではありません。それ以外はとてもいいので星3個です。ここさえ直れば最高です。」
引用元:ショップジャパン/インビクタス ワン 口コミ・評判

注意喚起とまとめ

記事全体を通して、インビクタス ワンのデメリットを理解した上での購入判断が重要です。

バッテリー持続時間、重さや取り回し、メンテナンスの頻度などを考慮し、自身のニーズに合った掃除機を選ぶようにしましょう。

デメリットを理解した上での購入は、後悔を避ける一助となります。