【解説】2020年スポーツの日・山の日はどうなる?オリンピック延期で2021年の祝日は?体育の日は?

【解説】2020年スポーツの日・山の日はどうなる?オリンピック延期で2021年の祝日は?体育の日は?

「東京オリンピックは延期になったけどスポーツの日や山の日ってどうなるの?そのまま祝日なの?」

当記事ではこの疑問に答えます。

結論:2020年のスポーツの日はそのまま祝日(休み)!!

オリンピック延期で2020年スポーツの日・山の日はどうなる?2021年の祝日は?

みなさんご存じの通り、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、東京オリンピックは2021年へ延期となりました。

そこで気になるのは、オリンピックの為に特別に変更されたスポーツの日・山の日などの「祝日」のことです。

「東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法」により、当初の予定、東京オリンピックの開会式前日(2020年7月23日)・当日(同24日)と、閉会式翌日(8月10日)に合わせて「祝日」が変更されていました。

当初の2020年「祝日」の変更予定

変更は下記の通り(当初の予定)

海の日 2020年7月23日に変更

スポーツの日(今までの体育の日)2020年7月24日に変更(本来は10月)

山の日 2020年8月10日に変更

しかし、東京オリンピック・パラリンピックは2021年に延期になってしましました。

そこで大会推進議員連盟は、「海の日」「スポーツの日」「山の日」を2021年も、 五輪開閉会式の前後に移動させるために大会特別措置法を改正する方針を確認しました。

021年に延期した東京五輪は7月23日開幕、8月8日閉幕と決まっています。

2020年と同様に開会式の前日と当日、閉会式の翌日に3つの祝日を移して、土日と合わせ開会式の前後は4連休、閉会式の前後は3連休となる予定です。

Q.2020年のスポーツの日(祝日)はどうなる?

A:「そのまま」

同連盟は、混乱回避のため、2020年の7月23日・24日・8月10日はそのまま休日とする方針を確認しました。

政府は、東京オリンピックの開催が2021年に延期されたものの、2020年の祝日に関する特措法の規定は改正せず、そのままにしておくとした。 このため、2020年の「海の日」「スポーツの日」「山の日」は、それぞれ7月23日、7月24日、8月10日のままとなる。  一方、政府は、2021年のオリンピック開会式や閉会式にあわせ、2021年も祝日を移動することとした。国会で改正特措法が可決成立したら、2021年の「海の日」「スポーツの日」「山の日」は、それぞれ次のようになる。

引用:オリンピック中止・延期なら、海の日、スポーツの日、山の日はどうなる?

海の日」2021年は7月22日に

スポーツの日」 2021年は開会式の7月23日に

山の日」 2021年は閉会式の8月8日に(日曜であり翌9日が振替休日)

コロナウイルスの感染拡大は世界的に見て収束したとは言えない状況です。

ワクチンや治療薬の開発が進んでいますが、2021年の状況は誰にも分かりません。

個人的には2021年、東京オリンピック・パラリンピックが無事に開催されることを願っています。

 ⇒2021東京オリンピック延期!チケットはどうなる?終息はいつ?【最新】