ハムスターの寒さ対策にヒーターが必要な理由!冬季は注意【おすすめのヒーターレビュー】

ハムスターの寒さ対策にヒーターが必要な理由!冬季は注意【おすすめのヒーターレビュー】

・ハムスターの飼育にヒーターは必要?
・ハムスターは冬(寒さ)に弱い?
・ヒーターを使うときに注意することは?

このような疑問にお答えします。

avatar

Fujio

こんにちはライターのFujioです!

いきなり個人的な話ですが、我が家ではジャンガリアンハムスターのオスを1匹飼っています。
初めて生き物を飼うということもあり、家族全員メロメロです(笑

ハムスターは育てやすい生き物。でも注意も必要なんです

ハムスターは育てやすく、初めてのペットとしても選ばれやすい生き物ですよね。 でも実はハムスターはとても繊細で、温度管理、特に寒さ対策については飼い主として気を配ってあげる必要があります。

今回は、ペットショップで専門家に教えてもらった、「ハムスターの寒さ対策・冬の注意点」を紹介したいと思います。

これからハムスターを飼ってみようと思っている方、飼い始めたばかりの初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハムスターは寒さに弱い?
専門家に聞いた冬季の注意点

ハムスターは寒さに弱い?専門家に聞いた冬季の注意点

ハムスターは体温調節が苦手

ハムスターは人間のように汗をかくことがないので、体温調節が苦手です。

特に冬場は注意が必要で、野生のハムスターであれば土の中に潜って体温を調節しますが、ケージの中で飼育されるハムスターとなるとそうはいきません。

気温が10℃を下回るような寒い日が続くと、余計なエネルギーを使わないように、体の機能を最小限に抑える“疑似冬眠”を始めます。

ハムスターの「疑似冬眠」には要注意!

普通の冬眠が事前に栄養を蓄えてから行われるのに対して、寒くなると十分な準備が整っていない状態でも疑似冬眠を始めてしまいます。

その結果、体力が持たずに呼吸や心拍数が急激に低下し、ハムスターの生命力や免疫力が極端に落ち込むことに。

なんと、ハムスターが疑似冬眠を始めると、1時間程度で命を落としてしまうことがほとんどなんです。

「寒さ対策って何をすればいいんだろう・・・」

せっかく育てたハムスターと突然お別れすることに・・・なんてことがないように、ハムスターを飼育する際は、「寒さから守ってあげる」という意識を持つことがとても重要です。

と言っても、寒さ対策自体はそこまで大変なわけではありません。

簡単にできる寒さ対策を、ペットショップの専門家に教えてもらったので紹介しますね。

ハムスターの寒さ対策には「ヒーター」が必要不可

ハムスターの飼育に寒さは厳禁!冬季にヒーターが必要な理由

ハムスターの寒さ対策としては “ヒーター”が役立ちます。ただし、このヒーターは部屋全体を暖めるような大きなものではありません。

ペット用の小さなヒーターがあることをご存知ですか?ペットショップやインターネットで手軽に購入することができるんです。

ヒーターを使う最大のメリットは「ケージ内の温度を一定に保つことが簡単になる」という点にあります。

ハムスターにとって快適な室温は20〜26℃

ハムスターを育てる上で理想的な温度は20〜26℃と言われています。
だからと言って、冬場もこの温度を保つために24時間暖房をつけておく、というのは安全面や金銭面を考えても現実的ではありませんよね。

ハムスター用のヒーターレビュー(おすすめ)

ハムスター用のヒーターレビュー(おすすめ)

ペット用のヒーターは温度を自動で調整してくれるタイプもあるので、ハムスターを育てるのが初めてという方にとってヒーターは必要不可欠なものです。

初心者でも安心してケージ内の温度を一定に保てるので、ハムスターを寒さからしっかり守ってあげることができます。

ハムスター用のヒーター購入しました

我が家でもハムスター用(小動物用)のヒーターを購入しました。簡単にレビューしたいと思います。ハムスター初心者の方の参考になれば嬉しいです。

購入したのはジェックス「ホッと2WAYヒーター S」というペット用ヒーターです。

ハムスターの飼育に寒さは厳禁!冬季にヒーターが必要な理由4

外側に吊す形で設置しています。これでも十分暖かいようで、より沿って暖をとる姿をよく見かけます。

電源コードにカバーも付いているので、かじってしまう心配もいりません。

ハムスターの飼育に寒さは厳禁!冬季にヒーターが必要な理由5

このヒーターのおすすめポイント
○オモテとウラで温度が違うので調節できる
○床・側面の置き方が選べる
○コードにカバーが付いている

ちょっとイマイチな点
○コードが短い(設置場所によっては延長コードが必要)

ハムスターの数、ケージの大きさを考えても丁度いい大きさでした。特に寒い日は直接ケージの中に置いたりしています。

ハムスター用のヒーターの使い方

購入はネットがおすすめ

ここだけの話、ペットショップでも同商品を薦められたのですが、その時は購入せず、後で調べたらネットの方がけっこう安かったのでネットで購入しました。

ハムスター用のヒーターの口コミ・評判

同じヒーターを使っている他のユーザーさん達の感想(口コミ)も紹介しておきます。筆者自身も購入時、参考にしました。

我が家のハムちゃんが寒くないようにと冬に購入。柵の部分に縦に取り付けましたが、ちゃんと固定されて落ちないし、ハムちゃんが噛んでしまった時も問題無しでした。
Amazonレビューより

意外と本体は小さいなと思いました。でも、パワーはあります。小さいながらパワーがあるヒーターを買って良かったです。小動物にはぴったりです。
Amazonレビューより

コードをケージの間に通すのに一苦労しました。通した後もヒーターがコードに引っ張られて浮いてしまったりとなかなかうまくいかず。結局はケージの外側に吊るして使っています。
Amazonレビューより

ヒーターを使う時に気を付ける3つのポイント

簡単に寒さ対策ができるペット用ヒーターですが、使うときに注意するポイントがいくつかあります。

【ポイント1】冷たい場所も残しておく

ハムスターは寒いところが苦手ですが、同じぐらい暑いところも苦手です。ヒーターでケージ全体が暑くなりすぎると、最悪の場合、熱中症になって命を落としてしまうこともあります。

ヒーターの置く場所をケージの半分以内だけにしておくなど、暑くなってきたときにハムスターが逃げられる場所も用意してあげましょう。

我が家でもヒーターを壁側に設置して暖かい場所と寒い場所、両方をつくるようにしています。(下記写真)

寒いときにはハムスターがヒーターの前に来て暖を取る姿もまたかわいいです(笑

ハムスターの飼育に寒さは厳禁!冬季にヒーターが必要な理由5

【ポイント2】コードをかじらないようにする

コードをかじることでヒーターが壊れてしまったり、ハムスターが感電したりする危険があります。

コードがケージ内に入らないようにする、コードの上からマスキングテープを貼るなど、ハムスターがコードをかじらないように工夫しましょう。

ケージの外側に設置できるタイプだと安心ですね。

【ポイント3】防水機能の有無を確認する

ヒーターは定期的に手入れが必要です。防水機能がついていると水洗いできるので、手入れが楽になります。万が一、ハムスターがヒーターの上でおしっこをしてしまった時にも、防水だと掃除が簡単です。

 かじり防止カバー・防水機能つきヒーターはこちらから

寒さ対策でヒーターの他にできることは?

ヒーターを設置する他にもできる寒さ対策があるのでご紹介します。

特に寒さの厳しい地域にお住まいで「ヒーターだけでは心配」という方は、これらの方法をヒーターと併用してみるのもいいと思います。

段ボールを活用する

段ボールをケージの下に敷く、または上から覆うことでケージ内の保温効果が高まります。ただし、上から覆う場合は、空気の通る隙間を確保しておくなどの配慮が必要です。

ケージを高い位置に置く

冷たい空気は下にたまります。飼育に差し支えのない範囲でケージを高い位置に置くことで、底面からケージが冷えることを防ぐことができます。また、窓際やドア付近も冷たい空気が入ってきやすいので避けるのが無難でしょう。

床材を多めに入れる

おが屑やウッドチップなどの床材には保温効果があり、ハムスターは寒さを感じると自分で巣箱に床材を持ち込んで暖を取ろうとします。そのため、冬場は夏場よりも多めに床材を入れておくことがおすすめです。

ハムスターの飼育に寒さは厳禁!冬季にヒーターが必要な理由6

ハムスターの寒さ対策には「ヒーター」が有効なので必要!【まとめ】

ハムスターの飼育に寒さは厳禁!冬季にヒーターが必要な理由まとめ

ハムスターを飼う上で冬季の注意点と対策をご紹介しました。

ハムスターを飼う時はとにかく寒さから守ってあげるという心掛けが大切です。ハムスターの数、ゲージの大きさを考慮して最適なヒーターを選ぶ必要があります。

ペット用のヒーターを活用してケージ内の温度を一定に保ち、ハムスターが安心して生活できる快適な空間を作ってあげましょう。