【磐城高校野球部】2020春のセンバツ21世紀枠で甲子園出場!福島県立磐城高校の紹介

【磐城高校野球部】2020春のセンバツ21世紀枠で甲子園出場!福島県立磐城高校の紹介

ページに広告が含まれる場合があります。

福島県立磐城高校野球部の2020年春のセンバツ【21世紀枠】による甲子園出場が決定しました。春の甲子園は46年ぶり3度目の出場です。

春のセンバツ出場の磐城高校ってどんな学校?

という疑問に答えていきます。

福島県立磐城高等学校は、福島県いわき市に所在する公立の高等学校です。通称は磐高(いわこう、ばんこう)と呼ばれることが多いです。

2020春のセンバツの出場を決めた磐城高校野球部ですが、磐城高校は野球部に限らず、運動部・文化部共に全国大会の出場経験がある部が多いんです。

例えば、ラグビー部は17回、サッカー部は5回の全国大会出場経験がある他、陸上部、剣道部、テニス部、水泳部、山岳部なども過去に全国大会に出場しています。

文化部においては、吹奏楽部の活動が顕著で、「“古豪”の磐城」と評されるほどなんです。

福島県立磐城高校について

福島県立磐城高校について
国公私立の別 公立学校
設立年月日 1896年5月5日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
所在地 〒970-8026福島県いわき市平字高月7

福島県内有数の進学校で文武両道を掲げています。部活動の活躍については前途の通りです。

東北大会の初戦の後、台風19号の被害に。学校周辺も河川の氾濫で大きな被害を受けました。その中、野球部は2回戦に挑み、逆転勝利を収めました。大会後は、土が大量に流出したグラウンドを整備し、被災家屋の片付けなどボランティア活動を実施しました。

磐城高校野球部について【甲子園出場】

部員は19人と少数ですが、磐城高校はは昨年の秋季県大会で3位となり、昨年10月に岩手県で開かれた秋季東北大会で92年以来の秋8強入りを果たしましたた。

部活動と学業を両立させているほか、台風19号の被災後でありながら大会を勝ち進み、一方では浸水被害に遭った地域でごみ撤去のボランティアに取り組みました。こうした活動が評価され21世紀枠に推薦されていました。

1971年の第53回全国高校野球(甲子園)では準優勝!

野球部は春3回、夏7回甲子園に出場し、1971年の第53回全国高校野球(甲子園)では準優勝に輝いた実績を持つ古豪なんです。

ちなみに、福島県内から21世紀枠で春のセンバツに出場したのは過去2校あって、21世紀枠が導入された年の2001年の安積高校、震災後の2013年のいわき海星高校です。

磐城高校野球部の注目選手

注目は、エースの沖政宗(おき・まさむね、2年)選手です。

新チームになってから公式戦9試合で69回2/3を投げ、防御率0・90と抜群の安定感!右上手から最速141キロの直球にカーブ、2種類のスライダー、チェンジアップ、スプリットなど多彩な変化球を武器にする万能型ピッチャーです。(179センチ、75キロ)

21世紀枠で出場が決まったときの沖選手のコメント↓↓

「絶対はありえないので、そわそわ、ドキドキしながら待っていた。小さい頃から夢見てきたマウンド。自分たちが弱いのはわかっているけど、立ち向かっていく姿勢を見せたい」

引用:日刊スポーツ

磐城高校 春のセンバツ出場に関するSNS

他の21世紀枠の高校もチェック↓

 ⇒【地域の子ども達のヒーロー】初出場!島根県立平田高校野球部を詳しく紹介

 ⇒【あの有名ドラマや漫画の舞台!?】北海道帯広農業高校野球部を詳しく紹介

2020春のセンバツ(甲子園)出場校一覧

第92回選抜高校野球の出場校

<北海道>(1校)

・白樺学園(北海道)=初出場

<東北>(2校)

・仙台育英(宮城)=3年ぶり13回目

・鶴岡東(山形)=41年ぶり2回目

<関東・東京>(6校)

・桐生第一(群馬)=4年ぶり6回目

・健大高崎(群馬)=3年ぶり4回目

・花咲徳栄(埼玉)=4年ぶり5回目

・国士舘(東京)=2年連続10回目

・東海大相模(神奈川)=2年ぶり11回目

・山梨学院(山梨)=2年連続4回目

<東海>(3校) 

・加藤学園(静岡)=初出場

・中京大中京(愛知)=10年ぶり31回目

・県岐阜商(岐阜)=5年ぶり29回目

<北信越>(2校)

・日本航空石川(石川)=2年ぶり2回目

・星稜(石川)=3年連続14回目

<近畿>(6校)

・大阪桐蔭(大阪)=2年ぶり11回目

・履正社(大阪)=2年連続9回目

・明石商(兵庫)=2年連続3回目

・天理(奈良)=5年ぶり24回目

・智弁学園(奈良)=2年ぶり13回目

・智弁和歌山(和歌山)=3年連続14回目

<中国・四国>(5校)

・鳥取城北(鳥取)=8年ぶり2回目

・倉敷商(岡山)=8年ぶり4回目

・広島新庄(広島)=6年ぶり2回目

・尽誠学園(香川)=18年ぶり7回目

・明徳義塾(高知)=2年ぶり19回目

<九州>(4校)

・創成館(長崎)=2年ぶり4回目

・大分商(大分)=23年ぶり6回目

・明豊(大分)=2年連続4回目

・鹿児島城西(鹿児島)=初出場

<21世紀枠>(3校)

帯広農(北海道)=初出場

・磐城(福島)=46年ぶり3回目

平田(島根)=初出場

2020年春のセンバツ甲子園日程スケジュール

3月13日(金)組み合わせ抽選会 9時〜
3月19日(木)開幕
3月27日(金)準々決勝
3月28日(土)休養日
3月29日(日)準決勝
3月30日(月)休養日
3月31日(火)決勝戦

【豆知識】福島県いわき市出身の有名人

  • 江川卓さん(元プロ野球選手)
  • ゴー☆ジャスさん(お笑いタレント・ピン芸人)
  • 松井愛莉(アイドル、ファッションモデル)
  • 高萩洋次郎選手(FC東京所属、福島県出身として初の日本代表選手)
  • あかつさん(お笑いタレント・ピン芸人)