【岩手県】唯一の新型コロナ感染者 0(ゼロ)県その現状は?【島根・鳥取で感染者確認】

【岩手県】唯一の新型コロナ感染者 0(ゼロ)県その現状は?【島根・鳥取で感染者確認】

岩手県内の新型コロナ(PCR検査)の最新情報をまとめます。

4月10日、鳥取県鳥取市の60代の男性が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。鳥取県内で新型コロナウイルスの感染が確認されたのは初めてです。

4月9日には島根県松江市で10代女性の新型コロナウイルス感染が確認されており、その結果、日本国内で感染者が確認されていないのは岩手県のみとなりました。

 ⇒アマビエが世界を救う?アマビエ特集はこちら(甘酒・イラスト・壁紙)

岩手県内の新型コロナ(PCR検査)状況まとめ

岩手県内で、これまでに実施した検査 全135件 全て「陰性」。(4月9日23時29分現在)

岩手県のホームページでは下記の症状がある場合、「帰国者・接触者相談センター」に相談するよう伝えています。

  1. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならい時を含みます)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

(注意)高齢者や基礎疾患等のある方は、上記の状態が2日以上続く場合

なぜ岩手県だけ感染者が出ていない?

岩手県は人口密度が低いです。県土は約1万5000平方キロで本州一の面積を誇り、四国4県に匹敵します。総務省のデータ(2015年時点)によると、岩手の人口密度は1平方キロ当たり83人で、北海道に次いで低く、密閉、密集、密接の「3密」になりにくい環境も影響しているとみられ、三浦課長は「県土の大きさも一因ではないか」と言われています。

ただ、感染のリスクと隣り合わせの状況は変わらず、「すでに感染者が出ているのではないか」という声も上がっています。

今後の状況にも注目が集まります。

岩手県内新型コロナウイルスに関する相談の状況

2月8日~ 4月2日 4月3日   4月4日4月5日4月6日4月7日4月8日累計
各保健所 1,757 96 35 49 165 133 119 2,354
医療政策室 528 21 38 15 34 15 18 669
合計 2,285 117 73 64 199 148 137 3,023

※主に「症状がある方からの受診等に関する相談」を計上

岩手県知事メッセージ-新型コロナウイルス感染症対策本部

 ⇒岩手県ホームページ(新型コロナウイルス感染症関連情報)